このエントリーをはてなブックマークに追加

定期的なメンテナンス

外壁塗装と屋根塗装を一緒に行う

建物の寿命は維持管理次第で長もちがします。定期的なメンテナンスが欠かせません。塗装が上がれてしまうと躯体を傷めてしまうのでそれからでは手遅れです。外壁塗装は定期的に行わなければなりません。外壁塗装をする場合には全面的に足場を設置して、塗料が飛散時内容に養生シートで囲います。足場を全面的に架けることはあまりないので、同時に屋根の塗装を行うと効率的です。屋根と外壁とでは使用するとペンキは異なりますが、何より足場を共通に使用できることがコスト面でのメリットです。工期も短縮できるので足場の設置期間も同時施工によって長い目で見ればかなりのメリットになります。外壁塗装も屋根の塗装も同じサイクルで回せは建物の維持が図れます。

塗装業者の力量の低下

最近の建設業界は作業員の不足に加え、高齢化が顕著となっており、技術レベルも低下しています。東日本大震災以降の復興工事の需要に増加に加えて、東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う施設の建設やインフラの整備のため、多くの作業員がこうした工事に従事しているため、一般の工事の作業員が不足しています。外壁塗装においても作業員不足となっており、経験の不足している作業員が作業に参加しています。慣れないせいか時々ペンキの飛散事故の話を耳にします。大体が車にペンキを飛ばしてしまうといった事故です。技術レベルの低下が顕著となっているので、外壁塗装工事を依頼する際には経験豊かな親方が現場に常駐することのできる業者に依頼することが重要です。