このエントリーをはてなブックマークに追加

事前に調べる

外壁塗装のメリットと注意点

外壁が劣化してきたので何とかしたい。そうお考えの方も多いと思います。外壁を張り替えるのかそれとも外壁塗装を行うのか、どちらにすれば良いのか、そこが悩みどころです。外壁を張り替える場合では150万円前後〜200万円前後の費用がかかり、外壁塗装ならば100万円前後〜150万円前後の費用がかかります。 費用をあまりかけられないのであれば、断然、外壁塗装がおすすめです。外壁塗装を行うことで外壁を保護し、耐久性や防水性を高めることができます。また、塗料によってはセルフクリーニング効果のあるものもあり、外観を美しく保つことができます。 ただし、外壁を調査して損傷や劣化が激しいと判断が出た場合は、外壁塗装を行えない場合もありますので、注意が必要です。

施工業者のメリットとデメリット

外壁塗装は業者にお願いすることになります。一般的には、大手メーカーまたは地元の工務店にお願いすることになります。 大手メーカーを選ぶメリットは何と言っても、保証がしっかりしていることです。万が一トラブルが発生した時も、しっかりと対応をしてくれます。デメリットとしては、実際に施工を行うのは下請け業者のため、施工金額が割高になることです。 地元の工務店を選ぶメリットとしてはやはり、工務店が直接施工を行うため施工金額が安いということです。地域に根ざして施工してきている地元の工務店は、割引きなどの融通も利きやすいです。デメリットとしては、知人の紹介という場合も少なくなく、他社との見積もりをしづらいという点があります。 大手メーカー、地元の工務店どちらにもメリットとデメリットがありますので、自分の都合に合わせた業者を選ぶことが大切です。