このエントリーをはてなブックマークに追加

一連の流れ

外壁塗装前におこなわれる様々な作業

外壁塗装には、塗料を塗る前の段階で様々な作業が必要になります。 まず、高所でもしっかり作業ができるように、建物の周辺に足場を組みます。足場を組んだら、そこに養生シートをかぶせます。周辺の建物などに塗料を飛び散らせないため、そして塗料を塗った後に風で汚れが付着するのを防ぐためです。 次に高圧洗浄により、新しい塗料を塗る際に邪魔になる汚れを全て洗い落とします。その上で、古い塗膜やサビなどを落とすケレンという作業をおこないます。サイディングの接合部にヒビ割れがある場合には、シーリングという補修作業もおこないます。 こうして元の状態を良くした状態で、外壁塗装を始めるのです。最初に接着効果のあるシーラー材を下地として塗って、その上から塗料を塗ります。そうすることで、塗料が外壁によりしっかりくっつくようになるのです。

あわせておこなわれる付帯塗装や屋根塗装

足場を組むことで、建物の雨どいや屋根の状態も見ることができるようになります。こういった部分も、外壁同様に汚れが付着しやすく、見た目が悪くなったり強度が下がったりしがちです。そのため足場を組んだついでに、外壁塗装にあわせて雨どいなどの付帯塗装や屋根塗装もおこなわれることがあります。 やはりどちらも、塗装する前にしっかりと洗浄や補修作業をおこなうことになります。それまでに付着していた汚れを除去し、ヒビ割れなどがあればシリコン材などできれいに塞ぐのです。その上で塗料を塗るので、見た目はもちろん耐久性もアップします。 外壁塗装と付帯塗装と屋根塗装とをセットでおこなうことで、建物はまるで新築のような状態になります。